東工大が授業料値上げへ!

カテゴリー/ 大学受験情報 |投稿者/ がくナビ
2018年09月13日

 

国立大学の東京工業大学が、2019年4月以降に入学する学部生と大学院生を対象に授業料の値上げをすると発表がありました。

 

現在の年間授業料は、文科省が示す標準額である535,800円ですが、635,400円に値上げをするようです(年間99,600円/1か月あたり8,300円の値上げ)
なお、すでに入学している在学生は卒業まで現状の授業料のままだということです。

国立大学の入学料と授業料は文科省により標準額が定められています。標準額の120%を超えない範囲で大学ごとに学費を設定できる決まりがあるため、今回はその範囲内での値上げとなります。

 

東京工業大と言えば工学系国立大の難関大であり、多くの研究成果が期待される大学です。今回の値上げによって国際化への対応や教育環境の整備、教育内容の向上を図るとのこと。理系大学は研究設備が重要であり、そのための費用が多くかかるので、今回の値上げが日本を支える技術・技術者発展に繋がれば良いですね。

 

東工大が国立大初の値上げを決めたことで、今後他の国立大が追随するのかが気になるところです。

 

(関連記事:「大学の学費はどのくらいかかるの?」

株式会社真友社
新潟県新潟市中央区弁天3-1-20
TEL:025-243-8643

Copyright © 2018 gaku-navi,all Rights Reserved.

Top